交通事故と居眠り

交通事故は、起こさないようにどれだけ気をつけていても完璧に防げるものではありません。
最近では、自動運転機能やアシスト機能のついたも自動車も販売されていますが、それでも完璧に事故を防げるわけではありません。
また、自分がどれだけ気をつけて運転をしていても他の車や歩行者によって事故に巻き込まれることもありえます。
しっかり運転に集中して事故のない運転をするためには自分にできることはきちんと行う必要があります。

事前にできる準備の一つに十分な睡眠をとっておくことが挙げられます。
睡眠不足は集中力を欠いてしまい運転に支障をきたします。
そして、十分に睡眠をとっていても睡魔に襲われる場合もあります。
免許を持っていて運転をしている人であれば、誰もが運転中に睡魔を感じたことがあるものです。
短時間の運転ではなかなか経験ないものですが、仕事で車で営業先を回るような場合や、中長距離のドライブをしていると、運転の合間に急激な睡魔に襲われることがあるものです。
交通量の多い道を運転していたり、信号のある通りを運転していれば周囲を注意して運転するため、緊張感からあまり睡魔に襲われることもありません。
しかし、単調な運転を続けていると十分な睡眠をとっていても眠くなってしまうこともあるのです。

そこで、ここでは居眠り運転が起こる原因と、その事故の内容、交通事故における居眠り運転の割合について紹介します。
居眠り運転がどのような事故を起こすのかを知ることで、より一層気を引き締めて安全運転するようにしましょう。



~特集~
交通事故の示談相談に対応している法律事務所です。請求できる損害なども紹介しています > 交通事故 示談相談

Copyright © 2014 居眠り運転は交通事故の大半を占める All Rights Reserved.